吉野杉ホール

建物全体が吉野杉で造られています。毎年、音楽コンサートが開かれており

また音楽での合宿などにも利用され、ご好評いただいております。


ニューヨークそして東京を中心とし、またヨーロッパを含む世界各国で作曲家とピアノ演奏を手がけ活躍する中村天平さんによるピアノコンサート「天平紀伊半島秘境コンサートツアー2014」が下北山スポーツ公園 吉野杉ホールで927日開催されました。

 天平さん自ら精神世界の故郷だという紀伊半島。プライベートでも下北山村には幾度か訪れており、今回で4回目となるツアーで、このきなりの郷の吉野杉ホールが、今日ではこの“コンサートの発祥の地”と称されています。また今年の4月にはAmazonのクラッシック部門でアルバムCDの売上ランキング123位を独占されるなど、彼の音楽は多くの人々を魅了しています。

 当日は県内外から90名近くの方が来場されました。第一部公演では新曲の“桜色の恋”や何度聴いても魂が震え魅了されると評価されている“火の鳥”などを演奏されました。また今回も“天平スペシャルナイトライブ”と題した第二部公演が用意され、40余名の方が参加しました。会場には、竹筒に明かりが灯され幻想的な雰囲気の中、“旅人”、“祈りの道”などの題材で、見事に情景、風景、感情などが浮かぶ即興演奏が行われました。

来場者の方からは、素晴らしい景色の中、様々なシチュエーションで素敵な音楽に触れられた事への喜びと感謝の言葉をたくさん頂きました。



12月5日土曜日、下北山スポーツ公園内吉野杉ホールにて天平ピアニスト&YUIヴァイオリニストのDUOコンサートが開催されました。会場は東京、大阪、名古屋を含め、県内外からのお客様で100人超満員!!現在、天平さんは4人組のユニットNeo Resistance Quartetto(近日中CD販売予定)というバンドも組んでおりそのメンバーのお一人YUIさんをお迎え演奏されました。
このお二人とのDUOは、はじめてとの事でまさに“限定LIVE”となりました。全て吉野杉で造られているホールに、お二人のヴァイオリンとピアノの生音が心地よく共鳴し、建物の“木”とシンクロして柔らかい音色となり、また激しい曲での観客は息を凝らしその演奏に聴き入る様子でした。
お客様からは本当に素晴らしい素敵なそして贅沢なコンサートだったとの喜びの言葉をたくさん頂き、またの開催が楽しみとの声も多数ありました。